味噌系の調味料

味噌は、蒸した大豆と、米、大麦などをひき砕き、麹と食塩を混ぜ入れて発酵させた、わが国古来の調味料です。
味噌は、古代中国の醤(ひしお)をルーツとして、朝鮮半島を経て伝わり、日本で工夫を重さねて、独自の製法によって作られるようになったと言われています。
そして、奈良時代の都には味噌を売る店が朝廷によって開かれていたと言われています。
味噌には、麹の種類によって米味噌(大豆と米を発酵・熟成させたもの)、麦味噌(大豆と麦を発酵・熟成させたもの)、豆味噌(大豆を発酵・熟成させたもの) があります。
また塩分と麹歩合によって甘味噌と甘口味噌か辛口味噌に分類され、赤みそ・白みそのように色でも分類されます。
味噌は、健康食としても考えられており、必須アミノ酸のリジン、 コレステロールを下げるダイズサポニン、食物繊維、コリン(レシチン)、カリウム やマグネシウムなどのミネラル分、ビタミンB群を豊富に含んでいます。 また、味噌のペプチドは、血圧の上昇を抑制する効果があると言われております。

味噌系調味料の種類

白味噌・ 赤味噌・ 豆味噌・ 白あら味噌・ だし入り味噌
赤だし味噌・ 信州味噌(しんしゅうみそ)
八丁味噌(はっちょうみそ)・ 西京味噌・ 三州味噌
江戸甘味噌・ 御膳味噌・ 越後味噌・ 薩摩味噌・ 仙台味噌
長崎味噌・ 桜味噌・ 径山寺味噌(きんざんじみそ)
醤味噌(ひしおみそ)・ 田楽味噌
豆板醤(トウバンジャン、ドウバンジャン)
XO醤(エックスオージャン)
甜麺醤(テンメンジャン、ティンメンジャン)
芝麻醤(ジーマージャン)・ 辨椒醤(ラージャオジャン)
蝦醤(シャージャン)・ 海鮮醤(ハイシェヌジャン)
柱侯醤(チューフージャン)・ コチュジャン
チョジャン・ ナム・プリック・ タチウオ
白腐乳(バイフールー)・ 腐乳(フールー)・ 酢味噌
鉄火味噌・ 乾燥味噌・ 山椒味噌・ ごま味噌・ 五斗味噌
時雨味噌・ 生姜味噌・ 柚子味噌・ 木の芽味噌・ 蓼酢味噌
もろみ味噌

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。